ペレットストーブ ペレットストーブ

アメリカ、カナダ、イタリア製のペレットストーブたるモノが
国内の新しモノ好きな先駆者に輸入され、早くも30年近い時が過ぎたようです。
当時はまだまだ大変珍しい舶来モノ…
燃やす木質ペレットも海外から輸入されていたようですよ…

 

 

さてペレットストーブは古くは暖炉、言えば薪ストーブの進化型です…
暖炉などは1、2時間毎に薪をくべる必要があり、温度管理がとても難しいモノです…
そこで薪をペレット状に加工してmotorでコロコロと小出し燃焼を可能としたのがペレットストーブです。
また、炉で燃えた熱を送風ファンモーターにより、空気を汚すことなく室内を上手に暖めてくれます。
更にはタイマーや設定温度自動燃焼搭載のストーブも、今では当たり前になりつつあります。

 

 

ペレットストーブは自動的な為、薪ストーブや暖炉とは別物とみなされることしばしですが、シンプルなモーター機構で自動制御された扱いやすく優れた
Fire place÷Motor暖炉なのです…
wood pellet(木質ペレット)は、カラ松や杉など針葉樹が原料となります。
育林による間伐材の有効活用や製材工場の端材などを工場で粉砕・乾燥・圧縮加工され生産されています。
無駄なく有効活用たる副産物的でありますから、未来につなげたい再生可能な燃料と言えます。

 

ランニングコスト

1袋は多くが10キロ入りで価格は600円前後です。
一般家庭での燃料使用量はまちまちですが、日中使用しないお宅で日に5キロ~10キロほど。日中も夜もとなりますと20キロ近くなります。
寒冷地区では一カ月で40袋が平均となり18,000円~24,000円~となります。

 

 

袋入りで扱いやすく都市型暖炉と言えます。
これはリビングダイニング20畳~30畳を暖める参考数値です。
住宅全てとなりますと、更に焚く必要があります。

 

取扱いのペレットストーブに関しましてはリンク先を参考に御覧いただき、
またそれ以外にもございますのでお気軽にお問合せください。
パンフレットを送らせていただきます。

 

 

 

pelletstove÷motordanro

 

 

【取り扱いメーカー】

■国産メーカー

 

株式会社トヨトミ ペレットストーブサイト

 

■海外メーカー

株式会社トヨトミ ペレットストーブサイト
Face book
ページトップ